本文へ移動

沿革

1978年
技術士事務所として発足。
1979年
マイクロコンピュータ制御、NC制御、計測制御、図形処理などFA分野に信頼を築く。
1983年
株式会社ハイバーテックを設立。
ハードウェア、ソフトウェアを含むシステム開発受託・製造・販売を目指す。 STD bus(IEEE961)NCボード・シリーズの開発・販売を始める。
1986年
永島医科器械(株)と「めまい刺激装置」を開発。大学病院などに納入を始める。
1989年
PC-9800用NCボード・シリーズを開発・販売
1990年
ローコスト・マイクロアクチュエータ・システムを東京都中小企業振興公社助成金により開発。
1992年
IBM PC/AT用NCボード・シリーズ(ISA bus)を開発・販売開始。
東海大学に納入の「めまい刺激装置」で日本初の宇宙飛行士秋山氏が宇宙酔いの検査体験。
1997年
パソコンNC用ソフトウェア・モジュール「easyMover」を開発。
2000年
モーション制御LSI PCL6045を日本パルスモーター(株)と開発。
2001年
PCL6045搭載NCボード「CPDシリーズ」を開発・販売開始。
ガルバノミラー制御ボードを開発。
2002年
NTTコミュニケーション科学基礎研究所の「音響テレプレゼンスロボット」(首ロボット)を 日東紡音響エンジニアリング(株)と開発。
2003年
PCI、cPCI、ISA、PC/104、USBについてPCL6045を搭載したCPD NCボード・シリーズを展開。
2004年
PC/104規格のダブルサイズPC104Dを発案。
組込み用に104DタイプをCPDシリーズに追加。販売開始。
2005年
PC/104 Consortiumに加入。
NCボードCPDシリーズにソフトウェアパートナーが参加。
(株)マイクロネット INtime
(株)フォークス QNX
2006年4月
2006年4月7日に、国際規格「ISO14001」の認証取得致しました。
2007年
motionCAT製品の開発・販売開始
2008年
EtherCAT Technology Group に参加
2012年
PCIexpress製品を開発・販売開始
2013年
EtherCATソフトウェアモーションの開発・販売開始
2014年
高速パルスカウンタ HPCIe-CTR664F 開発
2016年
Programable Automation Controller HCOSシリーズ開発
2017年
Wi-Fi、Ethernet接続 CPD開発
2017年8月
ISO14001 2015年度版を導入
TOPへ戻る