本文へ移動

多軸制御用に適した制御モジュールが速度制御に採用された理由

多軸制御用に適した制御モジュールが速度制御に採用された理由

PLCやシーケンサではなく、なぜパソコンで制御するのか【事例公開】
motioncat導入事例 全協化成工業様_枚葉式洗浄装置
「シーケンサで実現出来なかった複雑で高度な制御システムを、
合理的かつコストを抑えて構築する方法はないか?」
 
そのニーズに応られるのが、パソコンからモータ制御が出来る『motionCAT(R)』です。
『制御システムの機能や性能の向上』に取り組む多くの産業用機器設計者から熱い注目を浴びている昨今、 今回紹介ご紹介させていただく全協化成工業様はmotionCAT(R)の高度な制御機能に注目し、導入をお決めいただいたた企業の中の1社です。
 
【motionCAT(R)で解決出来たこと】
シーケンサでは実現出来なかった、枚葉式洗浄装置の回転テーブルの回転数を引き上げる際、加速度を変化させること
 
【導入したメリット】
  • パソコンを使った高度な制御システムを実現
  • プログラミングの制約が少ない為、スムーズに開発が進んだ
  • 合理的なシステムである為、コスト面で有利
 
 
ユーザ様情報
 
TOPへ戻る