本文へ移動

座標と移動量指令

装置座標

装置の可動部の位置の管理は、通常原点復帰完了位置を原点とする座標系上の位置で管理します。制御軸には直線軸、回転軸等ありますが、ここでは直線軸の例で図示します。

移動量指令

移動量指令は現在位置から目標位置への差分(相対移動量)で与えます。
TOPへ戻る