本文へ移動

ソフト(Runtime)選定

PLC基本ランタイム (Controller)

基本となるソフトウェアPLC

HMI Runtime

Target Visualization (略称:TV)
HCOS本体から画面出力する場合

ディスプレイポートからモニタへ出力
Web Visualization (略称:WV) Web端末をHMIにする場合

Webサーバーとして使用
上記から選択可能.(両方選択も可能)

EtherCATマスタースタック

EtherCATを使用する場合必要

ソフトウェアモーション (略称:SM)

EtherCATを使用したモーション制御をする場合に必要
PLCopen Part Ⅰ, Ⅱ, Ⅲの機能が利用可能
 
Power, Reset, ReadStatus, ReadMoveStatus, ReadAxisInfo, ReadActualPosition, ReadActualVelocity, SetPosition, MoveVelocity, MoveRelative, MoveAbsolute, Stop, SetOverride, Jog, etc.

ソフトウェアCNC (略称:CNC)

EtherCATを使用した補間制御やロボティクス,Gコードを使用する場合に必要
PLCopen Part Ⅳの機能が利用可能
 
各種機構設定
GroupReset, GroupEnable, GroupDisable, MoveCircularRelative, MoveCircularAbsolute, MoveLinearRelative, MoveLinearAbsolute, GroupStop, etc
TOPへ戻る