本文へ移動

HLS-ECAT FAQ

一般

HLS-ECAT02xx/Win(xxは軸数)はWindows PCのEthernetポートを使用して EtherCAT対応のドライブやI/O機器を制御できるソフトウェアです。
モーション制御は位置決め・直線補間などに対応しています。
Windows上で開発したアプリのGUI操作で、INTime(Real Time OS)上のモーション制御が実行されるためリアルタイムな制御が可能です。
お客様はWindowsアプリケーションのみを開発すればいいため、手軽に組み込みが可能です。
HLS-ECAT02xx/Winは、INtime,EtherCATマスタースタック,モーション制御ソフトウェアをワンパッケージで提供します。これをWindowsアプリケーションに組み込むことでモーション制御等が可能なものです。開発環境はMicrosoft Visual Studioで開発します。
Windowsアプリケーションに手軽に組み込みたい,初期投資を抑えたい,Windowsアプリでの制御で十分な場合はこちらをおすすめします。

HLS-ECMC02xxは、ミリ秒以下でのリアルタイムなアプリケーション開発が必要となる場合はこちらをおすすめします。
INtime環境でアプリケーション開発を行っていただくために、アプリケーション開発にはINtime DKが必要となります。
アプリケーション開発のためには、Microsoft VisualStudioが必要になります。
Visual Studio2019での開発を推奨しています。

また、EtherCAT通信で使用するスレーブ機器構成情報(ENI)ファイルの作成のため、コンフィグレーションツール「RSI-ECAT-Studio」の使用を推奨しております(本製品には含まれません)。
RSI-ECAT-StudioについてはRSI-ECAT-Studioとはをご参考ください。
RSI-ECAT-Studioのご購入またはお見積りについては、当社にお問い合わせください。

あります。
添付ソフトウェアにはサンプルプログラムが含まれていますのでご参考にしてください。
VC,VC++またはVC#です。
Visual Studio2019での開発を推奨しています。添付ソフトウェアにはサンプルプログラムが含まれていますのでご参考ください。
あります。
RTOS(Real Time Operating System)であるINTime上で実行されるため、リアルタイム処理が可能です。
INtimeを使用しています。
詳しくは販売元マイクロネット様ホームページをご覧ください。
制御軸数は8軸、16軸、24軸、32軸から選択可能で、最大32軸です。
制御ノード数はドライバ機器とIO機器を含めて255ノードです。
選定条件は、インストールマニュアルの「注意事項」内「動作環境」項目をご参考ください。
お客様が選定されたPCでの動作確認は基本サポートとして含まれていないため、別途見積もりが必要となります。ただし、お客様の開発しているシステムの動作要件を満たす・満たさないの判断はできません。
詳しくは、本ページ内の「購入後のサポート」項目をご覧いただくか、お問い合わせお願いいたします。
購入方法などの詳細は弊社営業部宛てに電話、またはメールでお問い合わせください。
弊社ホームページからのメール、または直接電話、FAXにてお問合せいただけます。

モーション制御一般

EtherCAT通信(CiA402)規格に準じた原点復帰を行うことが可能です。
PLCopen規格に準じた状態遷移を指します。
加減速とジャークを設定することができます。
ジャークを設定することで、スムーズな加減速を実現できます。
可能です。
HLS-ECAT/WinのAPI関数を使用することで、直線補間や微小線分連続による自由曲線補間が可能です。
可能です。
HLS-ECAT/WinのAPI関数を使用することで、バッファ動作によるスムーズな連続動作を実現します。
可能です。
HLS-ECAT/WinのAPI関数を使用することで、簡単に実現できます。
可能です。
HLS-ECAT/WinのAPI関数を使用することで、簡単に実現できます。

技術的な質問について

添付ソフトウェアにサンプルプログラムが含まれていますのでご参考ください。
マスター側との通信が途絶えるため、スレーブはエラー状態となり動作は停止します。
あります。
ダイアグノーシス機能は、スレーブの状態をスレーブ内部で履歴として保持する機能です。マスターからスレーブに対して「1対1通信」を行うことでスレーブの動作環境や、発生した異常の詳細を読込み可能です。

※ダイアグノーシス機能に対応しているスレーブ製品のみ可能です。
スレッドセーフです。
マルチスレッドに対応し、複数のスレッドが同時に実行することが可能です。
使用可能です。
EtherCAT通信が遮断されたことで、スレーブはEtherCAT通信の異常を検出し、エラー状態になります。
稼働中は、スレーブがエラー状態になり停止します。
HLS-ECAT/Winではシーケンス制御がWindows OSに依存するため、おおよそms以上の制御になります。但し、PCの性能や各スレーブ製品によって異なります。

※EtherCAT通信自体はINtimeで行っているため、リアルタイム性が担保されています。
μs単位のモーション制御を行いたい場合は、弊社製品HLS-ECMCで可能です。
あります。
詳細は、本製品に対応しているNIC確認方法とリストを参照してください。
プログラムの最適化やサイクリック周期の検討をお願いいたします。
TOPへ戻る